So-net無料ブログ作成


スーパーの会計では決して気を抜いてはいけない [ 食費・外食費の節約]

【ポイントサービスの複雑化】

私がよく利用するスーパーではそのスーパー独自のポイントのほかに、そのスーパーがテナントとして入っているショッピングビル自体のポイントサービスもあるためポイントがダブルでもらえます。

ところが、家計簿をつけようと数日前の買い物のレシートを見ていると、もらえるはずだったショッピングビル分のポイントが少なくついていることが判明しました。

色々複雑になっていて店側も大変だとは思うのですが…でも納得はできません!


【覚えているのは初心者マーク】

そのとき覚えてるのは、レジの人が初心者マークをつけていて自信なさげに声も何喋ってるのか聞こえないくらいの小さい声だったことです。
あまりにも自信なさそうに業務をしていたので「この人大丈夫か…?」と覚えていました。

更にオペレーションの手順もほかの人と違っていたので覚えていました。(手順覚えてるって私どんだけこのスーパーに通っているんですかね 笑)

上記のスーパー独自のポイントはレジにカードを通すと自動計算でつくので間違いないのですが、ショッピングビルのポイントは端末にレジ係の人が金額を手入力するのです。
更に、スーパーのクーポン券を使った場合は、スーパーのポイントは値引き後の金額ですが、ショッピングビルのポイントは値引き前の金額で計算されるので、値引き前の金額を端末に入力する必要があります。

ところが、この初心者マークの人は値引き後の金額を端末に入力していました。ポイントの計算根拠となる金額が少なくなってしまったため、結果もらえるはずのポイントがもらえていませんでした。

金額を手入力させるのはそのシステム自体が悪いとも言えますが、だったら尚更気を付けるべきです。
と言っても人間は間違える生き物なので、買う側もしっかり見ておくべきでした。

家の近所だったので付け直してもらうことができましたが、二度と行かないような場所にある店だったら泣き寝入りですね。


【スーパーでの会計間違いは多々ある】

これ以外にも、スーパーではお会計に関する様々な間違いがあります。気にしていない人は気づいていないと思いますが、これは思っている以上の頻度だと思います。
このブログを読んで頂いている方の中にも経験ある方がいるのではないでしょうか。

・売り場の値札と違う金額になっている(大抵売り場の値札よりも高い金額)
・同じ商品が2回スキャンされている
・袋持参時のエコポイントの付け忘れ或いは値引き忘れ

結構日常茶飯事です。
エコポイントの付け忘れなんて、それこそ月1回くらいは経験してます。その場ですぐ言ってつけてもらいますが。
たかだか1円や2円細かい女だなと思われているかも知れませんが、間違えた人にそんなことを思う資格はありません。間違えた側が糾弾されるならともかく、それを指摘した人が叩かれる謂れはないのです。

1回1回は少ない金額でも多くの客がいますのでかなりの金額になっているものと思われます。


【複利の効果はお金を増やすときだけではない】

ある程度お金を持っている人は、複利効果のパワーを知っています。お金が増えれば増えるほど、たった1%の違いも大きいですし複利となればなおさらです。

これはなにも貯金や投資などお金を増やすときだけの話ではありません。支出を数%減らすのも同様で減らした支出の分を投資や貯金に回すこと、それを長く続けることはお金を増やすための大きな力です。
本当のお金持ちなら気にしないのかも知れませんが、庶民にとっては支出を減らすことはお金を稼ぐことと同じくらい大切。

お金を貯める方法が書いてある本をいくらたくさん読んでも、本質的には同じことしか書かれていません。

収入ー支出=資産の増加です。

収入を増やすことと支出を減らすことは、どちらも右辺の資産を増やす効果があります。
私のような庶民は両方やらないといけません(笑)

というわけで、無用な支出を増やさないためにも日々の買い物にも目を光らせておくに越したことはありません。


最後までお読み頂きありがとうございます。 クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました